FC2ブログ

真田丸・第41回「入城」(6)新キャラ毛利勝永は他の浪人とは違う熱い男だった

毛利勝永 真田丸
今回、初めてまともに登場しましたので、毛利勝永に関しても前歴などを説明しておきます。

続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

真田丸・第41回「入城」(5)新キャラ木村重成は豊臣秀頼と特別な関係だった

木村重成 真田丸
今回は沢山新キャラが出ましたね。
木村重成もその一人ですが、ここまでの経歴なんかを少し解説しておきます。
※豊臣家に駆けつけた武将たちを登録していた人ですよ。

続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

真田丸・第41回「入城」(4)大阪城の屋根の色が違う理由

大阪城 真田丸
今回の話だけではないのですけども、ドラマで出てくる大阪城の屋根は黒いのに、どうして現代に残る大阪城の屋根は薄いグリーンなのでしょうか?
不思議に思って調べてみました。

続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

真田丸・第41回「入城」(3)新キャラ、マイナー武将・石合十蔵を紹介

sanadamaru3260.jpg
石合新左衛門(いしあいしんざえもん)が嫡男(ちゃくなん)、十蔵(じゅうぞう)でございます」

どういう人選でこの人が演じる事になったのでしょうか(笑)
それはともかく・・・

【嫡男】
跡継ぎ

続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

真田丸・第41回「入城」(2)率いる武将がいないのも当然という話

大野治長 真田丸
「それを率いる良き武将がおらず困っておったところ」

10万もの浪人が集まったというのに、それを率いる武将がいないと嘆く大野治長。
10万人もいれば、何人か凄い奴もいそうなものですけどもね・・・。
しかし、これは実は当たり前だということを説明したいと思います。

続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

真田丸・第41回「入城」(1)豊臣家の苦悩が分かるナレーションに注意

「大阪城は、来たる徳川との戦に備えて、各地から集められた浪人たちで溢れかえっている」 真田丸
ナレーション
「大阪城は、来たる徳川との戦に備えて、各地から集められた浪人たちで溢れかえっている」

徳川との戦いに備えて、続々と兵が集まっている大阪城。
ここでナレーションで「浪人たち」とあるのにご注目いただきたい。


続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

真田丸・第40回「幸村」(7)いきなり幸村になった意外なワケ

幸村 真田丸
ここまでこのブログでは、真田幸村という名前は、実際は名乗っておらず、後世に名付けられたモノとして紹介しておりましたが、ドラマではついに幸村って名乗ってしまいましたね。
ただし、一応、根拠のようなものはあるようです。

続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

真田丸・第40回「幸村」(6)ナントカ官兵衛(かんべえ)って誰でしょう??

「氏政様を説き伏せに、小田原城に忍び込んだみたいだけど、氏政様がお城を明け渡したのは、あなたの力では無いですから、後から会いに行ったなんとか官兵衛さまのお手柄ですから」きり 真田丸
「氏政様を説き伏せに、小田原城に忍び込んだみたいだけど、氏政様がお城を明け渡したのは、あなたの力では無いですから、後から会いに行ったなんとか官兵衛さまのお手柄ですから」

大阪城に行かないという信繁に手厳しいきり(笑)
この小田原城のエピソードは真田丸・第23回「攻略」でのお話ですね。

【信繁と小田原城の過去記事】

真田丸・第23回「攻略」(16)信繁が小田原城に乗り込んだのは史実?

続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

真田丸・第40回「幸村」(5)明石全登の参戦理由

明石全登 真田丸
「関が原の一戦後、宇喜多様が捕らえられ八丈島に流されてからこの十数年、諸国を渡り歩いておりました!!」

以前、「迎えに来た明石全登とその主人・宇喜多秀家のその後」で少し触れましたが、明石全登(あかしてるずみ)は逃亡者としてこの十数年を暮らしています。

続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

真田丸・第40回「幸村」(4)片桐且元を追放すると、なぜ徳川家康と戦争になるのか??それは片桐且元を知れば見えてきます。

逃げる片桐且元 真田丸
大野治長からの暗殺を恐れて大阪城を逃げる片桐且元(かたぎりかつもと)。

続きを読む

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク