真田丸・第六回「迷走」(9)真田昌幸の迷走終了とマイナー武将・長崎元家のその後

sanadamaru628.jpg
北条家が滝川一益のいる上野(こうずけ)に進軍。



sanadamaru629.jpg
「北条め、文では攻め込まぬと言っておきながら・・・」

さきほどのシーンですが、あっさりと約束を反故にしましたね(笑)

熟練の戦国大名・北条氏政が見せた外交手腕。上野・信濃にいよいよ風雲急を告げる参照


sanadamaru630.jpg
「我等の兵力では、とてもかないませぬ」

これはなかなかのマイナー武将です。


sanadamaru631.jpg
「徳川はまだか?援軍がこちらに向かっているはずだ」

と慌てる滝川一益に「未だ影も形もございません」と応える長崎元家。

実はこの後、長崎元家は徳川家康に援軍要請のために使者として向かいます。




sanadamaru632.jpg
「真田はどうなっておる?真田は?」

孤立無援の滝川一益。


sanadamaru633.jpg
「兵は出さん」

でしょうね(笑)


sanadamaru634.jpg
「大博打の始まりじゃぁ!!」

どこの大名にもつかず、独立することを覚悟した真田昌幸。


sanadamaru635.jpg
ということで次回に続きます。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク