真田丸・第七回「奪回」(1)サラっと流されたが、神流川(かんながわ)の戦いは当時最大規模の合戦だった。

神流川の戦い 地図 真田丸
前回の続き。
北条氏直が上野の滝川一益を攻めた戦い。



神流川の戦い 真田丸
教科書には載っていないマイナーな戦争ですが、実は当時としたは最大規模の戦争でした。
その兵力は
北条軍50000人
滝川軍18000人

と言われ、両軍合わせて70000人近い人数が戦っています。


織田家重臣・滝川一益 真田丸
これだけの兵力差がありながら、ドラマのナレーションにあるように、一時は優勢に導いた滝川一益の指揮能力は大したものです。
一方、北条軍の弱さを感じるところでもあります。


滝川一益は敗れます。 真田丸
しかし、結局は味方として期待していた地元の国衆たちがまともに戦わず、滝川一益は敗れます。


お父さんは策が上手くいってニッコリ 真田丸
とことん国衆に足を引っ張られる後半生でしたね(汗)
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク