真田丸・第七回「奪回」(7)例のごとくサラっと流された清須会議と、滝川一益のその後を解説

清須会議に参加するため、早く信濃を出たい滝川一益 地図 真田丸
清須会議に参加するため、早く信濃を出たい滝川一益ですが、木曾義昌に足止めされます。




清須会議と言えば、織田信長亡き後の織田家の方針を決めるために、織田家の重臣たちが集まる大事な会議。
また織田信長が死んだことで、織田信長が死んで以降の戦争の功績を評価することが出来ないでいたので、それを話し合う場でもありました。
真田丸の脚本家である三谷幸喜氏監督で、清須会議の映画が撮られているので興味のある方は観てみるといいでしょう。


羽柴秀吉が登場 真田丸
この会議はほぼ羽柴秀吉の思い通りにことが進みます。
というのも、明智光秀を討つに当たって、羽柴秀吉の傘下になった武将たちからすれば、羽柴秀吉の功績が認められないと、自分たちの功績も認められないことになります。
ですので、羽柴秀吉の主張する通りの領地の割り振りにほぼなりました。
つまり、明智討伐に加わった武将たちが有利になる配分です。
明智討伐に加わった武将たちは、基本的に羽柴派なわけですから、結局、羽柴秀吉にとって有利になったといえます。


滝川一益は人質たちを木曽義昌に譲り渡します 真田丸
清須会議に急ぐため、滝川一益は人質たちを木曽義昌に譲り渡しますが・・・


織田家重臣・滝川一益 真田丸
結局、清須会議には間に合いません。
明智討伐に加わっていない重臣の一人である滝川一益が清須会議に間に合わなかったことも、清須会議が羽柴秀吉有利に終わった理由の一つといえるでしょう。
というより、そもそも羽柴秀吉が、滝川一益が帰ってくるまでに清須会議を開かせたということも言えるかもしれません。


柴田勝家
人質を譲り渡したことで、無事、木曽を通過出来た滝川一益ですが、ナレーションにあるとおり「羽柴秀吉の台頭により力を失い、こののち二度と信州(信濃)に戻ることは無かった」となります。
この感じだと、滝川一益の今後はほとんどドラマに出てきそうもないので、少し解説しておきます。
※画像は2011年大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の柴田勝家


木曽を通過出来た滝川一益 真田丸
清須会議は有利に終わった羽柴秀吉ですが、柴田勝家をはじめとする反秀吉派と結局戦争になります。
滝川一益は、無事に本拠地の伊勢に帰り着きますが、反秀吉派の柴田勝家と同調し、羽柴秀吉と戦ったことが没落する原因となります。
羽柴秀吉と敵対したことで、領地の伊勢は取り上げられることとなり、その後は羽柴秀吉に仕えますが、大きな功績を上げることは出来ず、62歳で病死します。
まあ、戦国時代を戦いに明け暮れた老将としては、畳の上で死ねただけ、幸せな人生だったかも知れませんね。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク