真田丸・第八回「調略」(2)毘沙門天と上杉家の強さ、上杉家vs北条家の血塗られた歴史とは

信濃・海津城 真田丸
信濃・海津城



信濃・海津城・地図 真田丸
海津城は真田家の領地・小県郡(ちいさがた)の北あたり。
かつて、武田家と上杉家が激しく戦った川中島の付近です。
信濃の中でも北の方に位置しており、さらに北には上杉家の本拠地である越後があるので、上杉家としてはなんとしてでも守る必要のある城だということになります。


越後・春日山城(かすがやま) 真田丸
海津城が落ちると、上杉家の本拠地である春日山城も目と鼻の先になってしまいますからね。


「北条め、上杉の強さを忘れたようだな」上杉景勝 真田丸
「北条め、上杉の強さを忘れたようだな」

海津城で北条軍2万が進軍中の報告を聞き、上杉景勝は怒り心頭です。
ここで上杉景勝が「上杉の強さを忘れたようだな」といっているように、北条家と上杉家には長い戦いの歴史があります。





【北条vs上杉の争い略歴】

上杉謙信を演じたGACKT
1552年
当時は長尾と名乗っていた謙信。
関東管領※1上杉憲政※2に頼られ、北条家と敵対。
沼田城で北条軍を撃退し、上野の領地をを奪還した。
※1 関東管領は関東の責任者の役職だが、この当時既に名前だけの存在になっていた。
※2 謙信と血のつながりはありません。
関東管領は、本能寺の変を未だ知らない滝川一益。しかし織田信長が信頼する歴戦の勇士なのです。で解説した通り、滝川一益も任命されていましたね。


小田原城 真田丸
1559年 小田原城の戦い
関東に進出し、北条家を本拠地・小田原城に追い詰めた。
しかし、武田信玄がその隙をつく動きを見せたために結局は撤退した。
なお、この年にドラマで出てくる海津城を築城している。


2007年大河ドラマ「風林火山」の上杉憲政
1561年 関東管領就任
匿っていた関東管領・上杉憲政から上杉姓と関東管領職を継承。
これによって長尾から上杉となりました。
つまり北条家との争いがなければ、そもそも上杉家と名乗ることもなかった事になります。
※画像は2007年大河ドラマ「風林火山」の上杉憲政


上杉謙信を演じたGACKT
その後も関東の覇権を争って度々戦っており、そのほとんどが上杉家の勝利に終わっています。
ただし、戦争では勝利しても、その後の調略や外交ではライバルの武田家や北条家の遅れをとることが多く、結果、勝利の割にはあまり領地が増えないとい上杉家ではありますが・・・。


「北条め、上杉の強さを忘れたようだな」上杉景勝 真田丸
上杉景勝が言っている「上杉の強さを忘れたようだな」はそのあたりの争いのことを言っているわけですね。
野戦での戦いでは、ほぼ上杉軍が勝利しており、当時、上杉軍の強さは伝説的ですらありました。



「毘沙門天(びしゃもんてん)の御名(みな)に賭けて」上杉景勝 真田丸
毘沙門天(びしゃもんてん)の御名(みな)に賭けて」

戦いの神・毘沙門天の名に賭けて、北条家と戦う決意の上杉景勝。


毘沙門天は仏教における武神
毘沙門天は仏教における武神(戦いの神)で・・・


七福神
七福神の一人でもあります。


先代・上杉謙信は、毘沙門天を深く信仰
先代・上杉謙信は、毘沙門天を深く信仰し、毘沙門天を自軍の旗にしている程でした。


越後の上杉景勝 真田丸
上杉謙信から上杉家を引き継いだ景勝は、なにごとも謙信を模倣することが多い人でしたから、この毘沙門天への信仰も引き継いいだようですね。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク