真田丸・第一話「船出」(7)真田家家紋の六文銭。かっこ良すぎるその逸話

この大阪夏の陣の時に、真田幸村がかぶっているこの兜。
この6つの丸は永楽銭というお金です。
真田の六文銭 真田丸
真田の六文銭



永楽銭6枚で六文銭といい、真田家の家紋でした。
「三途の川の渡り銭」という意味があります。
三途の川とは、死んだら渡ると言われている川でして、つまり「俺はつねに三途の川の渡り銭は用意している。死ぬ覚悟があるぞ」という心意気を示した家紋なのです。

永楽銭
これが永楽銭ですよ。

かっこ良すぎますよね。
この六文銭は現代で例えると300円程度とか。
現代風に言うと、300円をデザインしたヘルメットを被った自衛隊ですかね。
格好つかないですね(笑)


関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク