真田丸・第11回「祝言」(12) 室賀正武の父は真田昌幸に殺されていた!!

信繁と梅ちゃんの祝言がスタート 真田丸
紆余曲折はありましたが、無事、信繁と梅ちゃんの祝言がスタート。



白い濁り酒 真田丸
ここでも、お酒は、白い濁り酒ですね。

難航する春日信達の調略。ついでに父・高坂弾正のことをもう少し解説を参照


室賀正武(むろがまさたけ)を呼び出し 真田丸
作戦通り、信繁の祝言を餌に、室賀正武(むろがまさたけ)を呼び出しております。


盛大な祝言 真田丸
なかなか盛大な祝言となりましたね。
今とは違って、結婚式場などはありませんから、式は大抵、家で行われました。


室賀正武と真田昌幸が二人きり囲碁 真田丸
囲碁をすることを理由に、室賀正武と真田昌幸が二人きりに・・・


暗殺者は、出浦昌相(いでうらまさすけ)が発見して、既に片付けられました。 真田丸
この間、室賀正武が用意した暗殺者は、出浦昌相(いでうらまさすけ)が発見して、既に片付けられました。





楽しげな祝言 真田丸
楽しげな祝言と、暗殺を描く、この手法。
フランシス・コッポラのゴッドファーザーのようですねぇ。
さすが三谷幸喜。
ドキドキするシナリオです。


室賀正武を討ち取るために待機する高梨内記(たかなしないき)の緊張感 真田丸
室賀正武を討ち取るために待機する高梨内記(たかなしないき)の緊張感あるシーンと・・・


雁金踊り(かりがねおどり)を踊るおこうさん 真田丸
信繁を引き止めるために、雁金踊り(かりがねおどり)を踊るおこうさん(笑)
最初はウザキャラと思いましたが、ここまでキャラが徹底していると、少し好きになってきましたよ。



ちなみに雁金踊りは、今でも踊られるようですね。
実は泥棒のお話がテーマだとか。
それはともかく・・・


「ワシを殺しに来たのだろう?」真田昌幸 真田丸
「ワシを殺しに来たのだろう?」

一方、囲碁を打つ真田昌幸は、いよいよ室賀正武を追い詰めます。


室賀正武の最期 真田丸
そして殺される室賀正武・・・。



よせばいいのに何故か信繁を連れて来てしまいます。 真田丸 きりちゃんは
偶然にも暗殺現場を見てしまったきりちゃんは、よせばいいのに何故か信繁を連れて来てしまいます。
これにはウチの奥さまも激オコですよ(汗)
ネットでもウザ過ぎると話題になっているようてすね。
それはさておき・・・


【うんちく解説:室賀正武の最期とその後の室賀家】

「やはりワシには出来ませぬ。あやつは幼馴染じゃ!!」室賀正武 真田丸
ドラマでは、いがみ合いながらも、本気では憎めない好敵手的な扱いですが、実は室賀正武の父は真田昌幸に殺されています。
これでは、ドラマのような間柄では無かった気もしますが・・・


室賀正武(むろがまさたけ)が登場 真田丸
実際の暗殺も上田城に招かれてのことだったので、招かれればやってくる程度の信頼関係はあったようですけどもね。
また、ココでは殺されず、徳川家康に仕えたという説もあります。


「これよりワシらは徳川につく」室賀正武 真田丸
また、室賀正武の子孫は、徳川家の旗本(※徳川家の家来)として生き残ります。


「黙れ小童(こわっぱ)!!」室賀正武 真田丸
いずれにしても「黙れ小童(こわっぱ)!!」がもう見れないのは、寂しいですよねぇ。


sanadamaru1046.jpg
ということで、次回に続きます
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク