真田丸・第13話「決戦」(8)  堀田作兵衛「徳川の兵など腰抜けばかりじゃ」本当に徳川軍は腰抜けなのか?

梅ちゃんが百姓たちを指揮 真田丸
上田城の近くの寺を隠れ家にして、梅ちゃんが百姓たちを指揮していますね。
戦国時代とはいえ、女性や竹槍を持っているだけの非戦闘員が戦争に参加することは珍しいですが、今回は真田家の存亡がかかった戦いだけに、総動員のようです。





「殿が決めた通りにすれば、決して負けぬ」堀田作兵衛 真田丸
「殿が決めた通りにすれば、決して負けぬ」

そこに作戦会議を終えた堀田作兵衛が帰ってきました。


「徳川の兵など腰抜けばかりじゃ」堀田作兵衛 真田丸
「徳川の兵など腰抜けばかりじゃ」

という作兵衛の言葉に安心ムードの一同。
ところで、徳川軍は本当に「腰抜けばかり」なのでしょうか?


武田勝頼 真田丸
当時、兵が強いと評判だったのは、武田軍。



島津義弘 
このドラマでは出てきていませんが、薩摩(鹿児島県)の島津家も最強と言われていました。


「尼ヶ淵の城を預かるは、真田のみ。室賀殿の名も、他の小県衆の名も、どこにも書かれておらぬわ」徳川家康 真田丸
そして徳川軍。
徳川家康はもともと三河の大名ですが、特に三河兵は武田・島津とともに戦国時代でもっとも強いとの評判です。
けっして「徳川の兵など腰抜けばかりじゃ」ではないのですね。


そして織田信長 真田丸
ちなみに兵が弱いと有名なのは織田軍。
敵より多い兵を集めても、よく負けました。


「景勝め・・・息を吹き返しおった」北条氏政 真田丸
北条軍も戦国最弱の呼び声が高いです(笑)


「よっしゃぁぁぁ」徳川家康 真田丸
こうしてみると、兵の強弱が必ずしも戦国時代を生き残る原因出ないということがよくわかりますね。



関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク