真田丸・第一話「船出」(16)戦国時代の将棋

将棋崩しで遊ぶ源次郎信繁(笑) 真田丸
将棋崩しで遊ぶ源次郎信繁(笑)
この当時に将棋崩しはあったのかな?
ちなみに将棋はありました。
戦争の合間に賭け将棋をするのが流行っていたそうですよ。
賭けに負けて、刀や鎧も取られて、裸で戦ったという例もあるとか。



「定石が使えぬゆえ、意外と奥が深いのです」真田丸
定石が使えぬゆえ、意外と奥が深いのです」

【定石】
現代でも将棋や囲碁では使う用語です。
お決まりの最善パターンといった意味ですね。
元々は囲碁用語です。
この文章を書くのに調べて初めて知りましたが、将棋の場合は「じょうせき」でも「定石」とは書かず「定跡」と書くそうです。
囲碁と違って、石を使わないからですね。

関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク