真田丸・第15回「秀吉」(7) 定番のバカ殿キャラ羽柴孫七郎秀次

「叔母上に孫七郎からと言って渡してくれないか」羽柴秀次 真田丸
「叔母上に孫七郎からと言って渡してくれないか」

ひょんなことで大阪城に来ていたきりちゃんに話しかけてきた、ちょっと抜けた感じの青年は・・・




羽柴秀次(はしば ひでつぐ) 真田丸
羽柴秀次(はしば ひでつぐ)さん。
当時18歳前後です。
フルネームは羽柴孫七郎秀次ですので、自分のことを孫七郎と読んでいるわけですね。


関白・豊臣秀吉  真田丸
秀吉のお姉さんの息子で、秀吉にとって数少ない身内の一人です。
この時点では秀吉に実子がいないので、秀吉は彼を跡継ぎとして考えていました。


加藤清正と福島正則と寧々 真田丸
同じ血縁でも、加藤清正や福島正則よりも血筋として近いためか、幼いころより人質に出るなどしています。
上の二人と比較すると戦争で活躍した実績は少ないですが、一つは若いからでしょう。



「真田が上杉についたか・・・」徳川家康 真田丸
徳川家康と秀吉が戦った、小牧長久手の戦いにも参戦しています。
ただし、手痛い失敗をして、秀吉が勝てなかった一因を作ってしまっていますが・・・。
ただ、その後の戦争にも参戦しており、そこでは無難にこなしています。


バカ殿っぽく描かれる羽柴秀次 真田丸
とかくバカ殿っぽく描かれる人物ですが、実はそうではなかったという話もあったり・・・。
ただ、ドラマのキャラを見ると、通説通りバカ殿キャラでいくみたいですね。


秀吉関連キャラ 真田丸
これまで真田家と関係ない話はとことん無視してきた真田丸が、今回これだけの秀吉関連キャラを出したのですから、今後のことはきっちりと描かれるかと思います。
そういうわけで、孫七郎くんの今後はドラマでご覧ください。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク