真田丸・第16回「表裏」(8) 男勝りキャラの稲姫は、本当にこんなキャラクターなのか?

本多忠勝の娘・稲姫が初登場 真田丸
本多忠勝の娘・稲姫が初登場。





当時13歳前後の稲姫 真田丸
当時13歳前後です(汗)


「娘の稲でございます」本多忠勝 真田丸
「娘の稲でございます」

本多忠勝にとって、最初の子供です。
いきなり薙刀(なぎなた)の練習シーンから始まったり・・・


「覚えているわけがございません!!」稲姫 真田丸
「覚えているわけがございません!!」

と、父に口答えしたりと、男勝りキャラ全開ですが、実際の稲姫はどうだったのでしょうか?


稲姫の肖像画
これが稲姫の肖像画(笑)
どうやらドラマのキャラクター通りのようです。


目上のような人にもハッキリとモノを言った稲姫 真田丸
将来は家康のような目上の人にもハッキリとモノを言ったという逸話が残っています。


「沼田城というのは、いくらなんでも無理ではないでしょうか」真田信幸 真田丸
すでに以前のドラマのナレーションでネタバレ済なので問題ないと思いますが、兄ちゃん真田信幸と結婚することになります。
それももうすぐ!!


信幸の側室・妻・奥さん おこう 真田丸
おこうさんとの関係共々、次回からのお楽しみということで・・・。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク