真田丸・第18回「上洛」(11) 信繁が秀吉を恫喝!!しかしその戦略はそれほど不可能では無かった

「会ってやればいいじゃないですか~」茶々 真田丸
「会ってやればいいじゃないですか~」

秀吉が父・昌幸と会ってくれないため、信繁は茶々さんを使ってお願い。





「真田を敵にまわすのは得策ではございませぬぞ」真田信繁 真田丸
「真田を敵にまわすのは得策ではございませぬぞ」

さらには、強めの談判に及びます。


「伊達と結び、北条と手を組み、徳川を味方に引き入れ、いずれ必ず強大な敵となって、殿下の御前に立ちはだかります」真田信繁 真田丸
伊達と結び、北条と手を組み、徳川を味方に引き入れ、いずれ必ず強大な敵となって、殿下の御前に立ちはだかります」

と言う信繁の対秀吉戦略をもう少し分かりやすく解説してみたいと思います。


大河ドラマ「独眼竜政宗」の伊達政宗
まず、このドラマでは名前が出るのも多分初めての「伊達」とは、NHK大河ドラマで最高視聴率を誇る「独眼竜政宗」の主人公・伊達政宗のこと。


信繁の対秀吉戦略 地図 真田丸
伊達家も含めた当時の勢力図はこんな感じ。
徳川・北条・伊達そして真田が同盟すれば、まだまだ秀吉にとっても侮れない大勢力が誕生するわけです。


「真田に徳川の家来になれと仰せられますか?」真田信繁 真田丸
まあ、ほとんど絵空事ではありますが、真田家が北条家や徳川家と揉めたのは、元はといえば沼田城を引き渡さなかったため。
この沼田城の明け渡しを条件とすれば、少なくとも秀吉の家来になる気のない北条氏政は乗ってくるでしょう。




大河ドラマ「独眼竜政宗」の伊達政宗
また、伊達政宗は、真田家以上に上洛が遅れています。
これはようするに秀吉の家来になりたくなかったから。
つまり、北条家・真田家と手を結んで、秀吉と対抗することを喜ぶ可能性は十分あるでしょう。


真田昌幸を組下にして大喜びの徳川家康 真田丸
真田家・北条家・伊達家までが手を組んだとなれば、一旦は秀吉の家来になった徳川家康が秀吉を裏切る可能性も十分あります。
この人は元々、誰の家来にもなりたくないのですから。


「伊達と結び、北条と手を組み、徳川を味方に引き入れ、いずれ必ず強大な敵となって、殿下の御前に立ちはだかります」真田信繁 真田丸
といった情勢を踏まえて考えれば、真田信繁の言うことも全く夢想というわけでもないわけです。


「ワシを恫喝するか・・・」豊臣秀吉 真田丸
「ワシを恫喝するか・・・」

と言った秀吉は、「恫喝しております」と言い切った信繁の度胸に感じ入ったのか・・・・


こうして無事、秀吉と会えた真田昌幸 真田丸
父・昌幸と謁見してくれました。
良かったね~


関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、あまぞんポチリの守でございます!

いやあ懐かしい方のお写真でございますなぁ…今や日ノ本を出られ世界中でご活躍されておられる伊達政宗殿役の渡辺謙氏ではございませぬか。正宗殿が使節団を派遣していたのと、渡辺氏が正宗役で脚光を浴びた後体調を崩されても俳優の業を磨き、今ではハリウッドでも引っ張りだこなところは「世界を見据えていた」というところで共通点が不思議と無いわけでもなさそうですね…。
秀吉が勝新太郎というのも結構今考えると意外なキャスティングです。小柄で痩身という印象が、逆に恰幅が良く立派な体躯で凄みがありました。でも自分の中で一番怖い秀吉は「軍師官兵衛」の竹中直人氏でしょうか?ガハハハハ…と豪快に笑っているのですが、目が笑ってない…。(腹の中では何かしら意図するものがある演出?)

自分の歴史大河2番目に見た作品でお気に入りなので、画像が出てちょっとテンションがあがっちゃいました。

あと例の真田丸の歴史秘話ヒストリアの動画のアドレスになります。うんちく仙人殿は当然(真田信繁の最後を)ご存知とは思いますが、ネタバレになる要素が大きいので観られる際には若干注意が必要かもしれません。現代の技術、情報で検証すると色々興味深いものが見えてくるのが面白かったです。
http://www.myvi.ru/watch/06220028011_LECdTjfEO02c9bzLBZ6NeQ2
※冒頭数十秒ニュースがはいっていますがちゃんと始まります。

Re: No title

> こんばんは、あまぞんポチリの守でございます!

どうも、お久しぶりでございます。

> いやあ懐かしい方のお写真でございますなぁ…

独眼竜正宗は、私もリアルタイムで見ておりました。
いやぁ年代がバレますな(笑)


> 秀吉が勝新太郎というのも結構今考えると意外なキャスティングです。

おっしゃる通り、秀吉というイメージとはかけ離れていますが、当時の若手俳優・渡辺謙とベテラン俳優・勝新太郎という対比が、伊達政宗と豊臣秀吉の立場の対比を思わせて、いいキャスティングだったと思います。

> でも自分の中で一番怖い秀吉は「軍師官兵衛」の竹中直人氏でしょうか?

竹中直人氏は大河ドラマ「秀吉」でも、主人公の秀吉を演じてましたね。
別のドラマで、同じ役を演じるのは、宇宙戦艦ヤマトにキャプテンハーロックが出てくるスターシステムのような喜びがあったのを覚えています。
確か「利家とまつ」で前田利家を演じていた唐沢寿明氏が、他のドラマでも前田利家役でゲスト出演していたような・・。
今回のドラマで言えば、直江兼続役は、妻夫木聡氏だったらと少し思ったりもします。


> あと例の真田丸の歴史秘話ヒストリアの動画のアドレスになります。

ありがとうございます。
近く拝見させていただこうと思います。
スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク