真田丸・第三話「策略」

あらすじ
織田家に付くことを決めた真田家。
しかし室賀正武はその足を引っ張ることを考えていた。
真田昌幸が考えた策略とは。

(1)真田の郷に帰ってきたことですし、真田の名前の由来に触れてみます

(2)初登場・真田信尹(のぶただ)の実像はドラマとちょっと違う印象かも・・・

(3)こちらも初登場・矢沢頼綱はこう見えて出来るジジイなのです

(4)真面目キャラのお兄ちゃん真田信幸にも復数の奥さんがいた!!その理由とは

(5)結局、み~んな国衆じゃねぇか!!というお話

特にオススメ!!
(6)大名・家来・国衆の関係を商店街に例えると分かりやすい

(7)徳川家の名将・本多平八郎忠勝がウザキャラになっていて思わず爆笑

(8)国衆と真田家の関係が分かるシーン。新キャラ室賀正武も登場。

(9)国衆との会合がまとまらず、身内で相談する昌幸。もちろんいつものやつも忘れません。

(10)信繁の想い人・梅ちゃん登場。実は思春期ですから(笑)あっ、堀田作兵衛も初登場です。

(11)戦国時代は百姓同士も戦乱の時代だった、というお話

(12)昌幸の策はバッチリ、だけどお兄ちゃんが可哀想過ぎるじゃないか?

(13)中学生にして名将の片鱗を見せる真田信繁。

(14)真田信繁はやっぱり父の血を引いているなとおもった話

(15)お兄ちゃん信幸がついにブチギレ!!



関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク