真田丸・第20回「前兆」(2) 稲姫が首からさげているものはなに?

稲姫の輿入れ 真田丸
徳川家康が画策して、本多忠勝の娘・稲姫は真田家に嫁ぐことに。



稲姫 輿入れ 真田丸
この時、稲姫が首からなにか下げているのがおわかりでしょうか?


懸守あるいは掛守と書いて「かけまもり」
これは懸守あるいは掛守と書いて「かけまもり」というもの。
御札や神仏像を入れて道中の安全を祈ったそうです。
戦国時代のドラマだと、たま~に出てきます。

関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク