真田丸の脚本は三谷幸喜

三谷幸喜
三谷幸喜はこの方です。
有名な脚本家で「古畑任三郎」などで有名ですよね。



映画「ギャラクシー街道」
最近では映画「ギャラクシー街道」の監督もやってました。
個人的には、この方、2時間前後で話を収める映画よりも、1時間以内の短編を連続して作るテレビドラマの方が、いいものを作ると思っています。
古畑任三郎も好きでした。


新選組!
ちなみに大河ドラマの脚本を手掛けるのは二度目で、以前は個人的に大好きな「新選組!」でした。
ギャラクシー街道などの映画作品がコメディタッチなことで分かるように、コメディが得意な脚本家で、コメディドラマで無い場合でも、クスッと笑える要素を入れるのが三谷流。
そんなわけで、「大河ドラマは重たい感じであるべきだ」というファンには嫌われていますが、お話の作り方は非常に上手でドンドンと引きこまれてしまいます。

やっぱりドラマは涙あり笑いありが一番ですよね。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク