真田丸・第27回「不信」(予告)38年ぶりに復活した「るそんすけざえもん」に注目

呂宋助左衛門 真田丸
「この呂宋助左衛門(るそんすけざえもん)、力をお貸しいたしましょう」

次回予告で呂宋助左衛門が出てきたので、少し解説をば。
どういう話で絡んでくるのか不明ですが、ネタバレになる可能性も無きにしもあらずなので、嫌な人は飛ばしてください。






※画像は大河ドラマ「黄金の日々」呂宋助左衛門
呂宋助左衛門は、戦国時代の商人です。
千利休などと比べて知名度は低いですが、大河ドラマ「黄金の日々」の主人公になったこともある人。
なんと、その時の役者さんも松本幸四郎さんでした。
明らかに狙った配役でしょうね。
※画像は大河ドラマ「黄金の日々」より


※画像は大河ドラマ「黄金の日々」呂宋助左衛門
ルソンに渡って貿易商人になったことから、苗字が呂宋(るそん)となっています。
ルソンは今のフィリピンの北の方のことでして、今でもルソン島と呼ばれいます。


ルソン島
フィリピンは貿易の中継地点として発展しており、呂宋助左衛門もここに集る商品を扱って稼いでいた商人だったというわけです。


「そなたの軍略をもって、伏見を難攻不落(なんこうふらく)の城に作り変えてくれぬか」豊臣秀吉 真田丸
秀吉が天下を取ってからは、ちゃっかり贈り物を送って保護を得ています。
ちなみに、この贈り物の一つルソンの壺が、実はフィリピンでは便器として使われているものだと知れて、後に秀吉を怒らせてしまったという説もあります(笑)
本当だとしたら、すごいやつですよね。
次回、この呂宋助左衛門がどう絡んでくるのか、楽しみにしておきましょう。

関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク