真田丸・第三話「策略」(2)初登場・真田信尹(のぶただ)の実像はドラマとちょっと違う印象かも・・・

真田信尹(のぶただ) 真田丸
初登場・真田信尹(のぶただ)さん

頭領である兄・昌幸の代わりに上杉と北条の外交をまとめていたようですね。


ドラマでは触れられていませんが、加津野という武士の養子になっていて、
加津野家を継いでいるため、つい最近まで加津野さんでした。
武田家滅亡を機に真田姓に戻ったそうなので、戻りたてホヤホヤのはずですね。
また信尹という諱(いみな)も、その時に付けたそうなので、
本人も「真田信尹さん!!」と呼びかけられても、振り返らないぐらい慣れていないはずです(笑)

他の家に養子にいき、しかもその家を継いでいることから分かるように、
兄・昌幸の家来という立場ではなく、かなり独立した存在です。


せっかく落ち着いた新府城を引き払うことに抵抗するお母様 真田丸
また兄弟とはいえ、母親は違います。
とりさんの息子では無いのです。


家康の側室・阿茶局 真田丸
以前触れた側室の話でも分かるように、
戦国武将は復数の奥さんをもらうことが多かったので、異母兄弟というのはよくある話でした。

つづく

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク