真田丸・第29回「異変」(7)ちょいキャラっぽいわくさは、実は凄い女性だった。洗礼名ってなに?

「細川越中守様をご存知ですか?」わくさ 真田丸
寧の侍女という女性から、お使いを頼まれるきりちゃん。
わざわざ役名まで出てきて重要人物っぽいですが、いったい誰なのでしょうか



「ああ、マグダレナ様」フランシスコ吉蔵 真田丸
「ああ、マグダレナ様」

後ほど出てきた吉蔵からは「マグダレナ様」と呼ばれ、「小西摂津守の母上」と説明されています。


※画像は大河ドラマ「軍師官兵衛」の小西行長
小西摂津守は小西行長(ゆきなが)のこと。
摂津守は官職ですね。
※画像は大河ドラマ「軍師官兵衛」の小西行長

【官職について説明している過去記事】
真田丸・第27回「不信」(5)従五位下(じゅごいのげ)?左衛門佐?
真田丸・第14話「大阪」(10)じゅごいのげ?かずえのかみ?


※画像は大河ドラマ「軍師官兵衛」の小西行長
小西行長は小西隆佐(りゅうさ)という商人の息子です。
ですので、わくさは商人の妻ということになります。
もっとも秀吉が天下を取って以降は、秀吉の家来になっていますので、大名の奥様ともいえます。
その息子・小西行長は、秀吉に気に入られて家来となり、こちらも大名となっています。
※画像は大河ドラマ「軍師官兵衛」の小西行長


驚く石田三成 真田丸
ドラマでは全く出てこないのでピンときませんが、秀吉に取り立てられて家来になり、秀吉が天下を取ったことで出世して大名になるという経歴は、石田三成にそっくりです。


※画像は大河ドラマ「軍師官兵衛」の小西行長
ちなみにこの小西行長もキリスト教の信者。
キリスト教信者の大名をキリシタン大名と言いましたが、キリシタン大名を代表する一人です。
※画像は大河ドラマ「軍師官兵衛」の小西行長


「細川越中守様をご存知ですか?」わくさ 真田丸
マグダレナと呼ばれていたのは洗礼名。
キリスト教では、キリスト教徒になることを洗礼といいますが、その時に洗礼名を貰います。
※洗礼名を付けるかは宗派にもよります。
日本に入ってきたキリスト教は、洗礼名を付ける宗派だったのです。



ちなみに官職のように苗字と名前の間に挟んで使うことはしません。
苗字を捨て、洗礼名と名前だけで呼び合うのが正しいです。

小西マグダレナわくさ ☓間違い
マグダレナわくさ    ○正解


ドラマでは寧さんの侍女と書かれていましたが、実は夫も息子も大名という凄い女性だったのでした。
夫・小西隆佐は商人でありながら布教にも積極的に協力したキリスト教の世界の重要人物であり、その妻もまた、共にキリスト教の日本での普及に尽力したのであります。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク