真田丸・第31回「終焉」(1)秀吉が見た血まみれの少年は誰?

死を間際にして、うなされる秀吉。 真田丸
死を間際にして、うなされる秀吉。



織田信長の鎧から閃光 真田丸
織田信長の鎧から閃光が放たれ・・・


血まみれの少年の姿の幻・万福丸 真田丸
血まみれの少年の姿の幻を見ます。
まさかのNHK大河で心霊モノ(笑)


家来たちが慌てて駆けつける 真田丸
秀吉が恐怖の絶叫で、家来たちが慌てて駆けつけるというシーンでしたが、あの少年はいったい誰だったのでしょうか?
初見では秀頼が血まみれになるシーンを幻想で見たのだと思っていたのですけども、どうやら違うようですね。


※画像は浅井歴史民俗資料館の展示物 秀吉役の小日向さんがインタビューで答えているところによると、この少年は万福丸とのことです。
万福丸は浅井長政の子で、茶々さんのお兄さんに当たる人です。
※画像は浅井歴史民俗資料館の展示物





「何もおわかりでは無いのですね。お腹にヤヤコがいると、体中の滋養をその子がみんな吸い取って体の骨節が弱ってしまうのですよ」茶々 真田丸
茶々さんの過去は、ドラマでも度々語られてきましたが、浅井長政という大名の娘に生まれ、その浅井家が滅びたために悲惨なものでした。
浅井長政は織田信長と同盟していましたが、途中で裏切ったため、信長に攻め滅ぼされ、その時に茶々の兄・万福丸は串刺しにされて処刑されたそうです。

【茶々の過去に関する過去記事】
真田丸・第19回「恋路」(1) 茶々様の辛い過去に信繁も絶句
真田丸・第16回「表裏」(7) 茶々の悲しみを知る最大の理解者・大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)
真田丸・第14話「大阪」(11) 天真爛漫キャラの茶々さん。しかしその半生は血塗られたものだった


うなされる秀吉 真田丸
万福丸の処刑は、秀吉自身の指示で行われたものではありませんが、浅井家を滅ぼす戦いで主力部隊を率いたのは秀吉で、万福丸の処刑などにも関わっていた可能性はあったでしょう。
また、万福丸は、滅びた大名家の親族がどうなるのかという暗示でもあり、秀吉自身がしてきた過去の殺戮の罪を代表するものでもあったのでしょう。


「家康を殺せ!!」豊臣秀吉 真田丸
「家康を殺せ!!」

だからこそ、秀吉の叫び声に駆けつけた石田三成に、家康を殺すように指示したのだと思われます。
自分の死後、豊臣家を滅ぼす可能性があるのは徳川家康。
その徳川家康を殺しておかないと、我が子・秀頼が万福丸のようになる。
そう考えたというシーンだったようです。

関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク