FC2ブログ

真田丸・題32回「応酬」(3)くんそくのかんってなに?

「君側の奸(くんそくのかん)の出る幕ではないわ」徳川家康 真田丸
君側の奸(くんそくのかん)の出る幕ではないわ」

比較的分かりやすい言葉遣いや言い回してでここまで来た真田丸ですが、珍しく難しい言葉を使いましたね。




怒る石田三成 真田丸
君・・・殿様や王様のこと
側・・・側にいること
奸・・・悪

ということで、王の側にいる悪い家来のことを指します。
生真面目に豊臣家のことを考える石田三成が怒るのももっともですね。



「この眺めも見納めじゃ・・・」豊臣秀吉 真田丸
権力者の側にいる人間というのは、本来以上の力を持つことがあります。
例えば、主人公の真田信繁は馬廻衆として秀吉の側に仕え、時々は秀吉に意見もしています。
馬廻衆の役目は、秀吉を警護して、時には指示伝達に走ることですから、秀吉のアドバイザーではありません。
つまり、既に信繁は越権行為をしていることになります。


「左様なものを見ている気分にはなれませぬ」真田信繁 真田丸
「左様なものを見ている気分にはなれませぬ」

以前、真田家と敵対している徳川家康を秀吉が家来にしようとした時、ご機嫌ななめな信繁が描かれていました。
人間としてはもっともな感情ではありますが、一馬廻衆としては明らかに分を越えた態度です。
もし、この信繁に遠慮して、秀吉が徳川家康を家来にしなかったら、大きく政治に口出ししたことになるわけです。
この時の信繁の感情は真田家が念頭にあるわけで、豊臣家全体のことを考えていないのは明らか。
つまり、私欲とも言えます。
このように、本来意見すべき立場の者で無いものが、権力者の側にいるという理由で、政治に口出しすること。
またそういうことをする者を君側の奸と言います。
う~ん、信繁って、結構、君側の奸要素満載ですね(笑)
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク