真田丸・第三話「策略」(7) 徳川家の名将・本多平八郎忠勝がウザキャラになっていて思わず爆笑

織田信長を迎えるために高遠城の片付けを命じる徳川家康 真田丸
織田信長を迎えるために高遠城の片付けを命じる徳川家康

高遠城は、織田軍が武田家に攻め込んできた時に、
ほとんど唯一まともに防戦した武田家の城でした。
そのため、戦争の跡がまだなまなましく残っていたようですね



本多平八郎忠勝 真田丸
初登場の本多平八郎忠勝

なんかウザいキャラにされていて爆笑してしまいました(笑)
以前、触れたように、徳川家康は武田信玄に三方ヶ原の戦いにおいてボロ負けしますが、
その撤退で奮戦したのが本多忠勝です。
その戦いぶりをみて、敵であった武田信玄さえ「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」
と言ったといいます。
唐のかしらとは兜の飾りです。
「本多平八郎忠勝と唐のかしらは、徳川家康にはもったいない」ということです。



徳川家康には完全にウザがられているようで(笑) 真田丸
徳川家康には完全にウザがられているようで(笑)

徳川家の名将と言われる人なんですけどねぇ。


生きていた小山田茂誠 真田丸
あっ生きてましたね。


関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク