真田丸・第34回「挙兵」(5)やたらと出家する戦国武将の妻

出家したい寧 真田丸
今回、寧さんが「出家する」と言い出しました。
出家とはお坊さんになること。
女性ですから尼さんですね。
当事、夫を亡くした戦国武将の妻が尼さんになることは、よくあることでした。





※画像は大河ドラマ「風林火山」の今川義元と尼になったその母
貞操観念が今とは違う昔の話ですので、後家になったのに尼にならないのは、まだ男が欲しいんちゃうか?ふしだらな奴!!という発想になりかねないわけで、髪を下ろし、尼になることは、いい妻の証でもあります。
とはいえ、当時も再婚はよくあったことではありますが、秀吉の元妻で、しかも寧さんは50歳を過ぎていましたから、再婚はちょっと難しいでしょうね。
※画像は大河ドラマ「風林火山」の今川義元と尼になったその母


春 真田丸
そういうわけで、このドラマに登場している女性たちのほとんどは、将来尼さんになります。
また、実のところ、彼女たちの実名はほとんど伝わっていなかったりします。
例えば、大谷吉継の娘で信繁の妻になった春さん。
彼女の名前の春はおそらく架空でしょう。
春の名前として伝わっているのは竹林院(ちくりんいん)。
これは竹林院殿梅渓永春大姉という戒名です。
※この戒名に春が入っているので、春にしたのかな?
戒名の場合、墓に名前を刻んだり、お寺の方に資料が残っていたりするので、その名前が伝わっているのです。


秀次の娘 たか
ドラマでは、便宜上、信繁と結婚して、すぐにルソンに逃げてしまった秀次の娘たかさん。
彼女も伝わっている名前は隆清院(りゅうせいいん)です。
夫と死別すると尼になる。
現代人にはちょっとわかりにくい感覚ですよね。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク