真田丸・第34回「挙兵」(7)追い詰められる石田三成。ドラマで採用されなかった有名なエピソードを紹介

七将を抑える徳川家康 真田丸
加藤清正に七将に追い詰められた石田三成を救ったのは、なんと結局、徳川家康でした。





「引き換えに治部少様は蟄居(※謹慎)。政(まつりごと)からは、身を引いていただくことになりますな」本多正信 真田丸
「引き換えに治部少様は蟄居(※謹慎)。政(まつりごと)からは、身を引いていただくことになりますな」

代わりに政治の一線からは身を引くことに・・・。
という今回の展開。


「太閤殿下の馬印、千成瓢箪(せんなりびょうたん)をお預けくださるだけでよろしいのです」石田三成 真田丸
ここで有名なエピソードとして、追い詰められた石田三成が、徳川家康の屋敷に逃げ込んだというものがあります。
以下、そのお話の展開。


「御掟(おんおきて)のこと、忘れておったわ・・・」徳川家康 真田丸
徳川家康としては、七将と石田三成を争わせて、豊臣家を傾けようと企んでいたのですが、表向きは老衆(おとなしゅう)として公平にしなければならないという立場があるので、逃げてきた石田三成に手出しすることが出来ず、やむえず助けることとなります。




怒る石田三成 真田丸
石田三成としては、敵の黒幕である徳川家康の元に逃げ込むのは、もちろん賭けでした。
徳川家康が自分に手出しは出来ないと計算していたものの、その読みが外れて殺される可能性だってあったわけですから。
しかし、石田三成はこの賭けに勝ち、無事、佐和山に逃げていったというお話です。


石田三成 真田丸
歴史好きならあまりにも有名なこのエピソード。
実は特に史実的根拠は無く、おそらく架空の話だったようです(汗)
ということで、今回の真田丸では、採用されなかったようですね。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク