FC2ブログ

真田丸・第34回「挙兵」(9)こんじょうのわかれとは?

「今生(こんじょう)の別れだ」石田三成 真田丸
今生(こんじょう)の別れだ

真田信繁と別れる際の石田三成。
今ではあまり言わない言い回しですね。
今生とは「この世」とか「生きている間」といった意味。



仏像 
当時の人達は、現代人よりずっと仏教の影響を受けています。
仏教の考え方の一つとして輪廻転生(りんねてんしょう)があります。
輪廻転生とは、人は生まれ変わるという考え方。
前世があり、今生があり、来世がある。
その中で今はもちろん今生であり、その今生での分かれということは、「もう生きて会うことはないな」と言う台詞なのです。
昭和初期の文学作品などでは、よくある表現でしたが、最近の若い子が使うのは、聞いたことがないですね(笑)


【輪廻転生の関連記事】

真田丸・第25回「別離」(5)千利休「業が深いことや」って、業ってなんなの?

関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク