真田丸・第35回「犬伏」(4)堀田作兵衛と刀狩り

久々に登場の堀田作兵衛と与八 真田丸
久々に登場の堀田作兵衛(ほったさくべえ)さん。
かなり久々なので、軽く紹介しますと・・・。





自らお乳をあげる梅ちゃん 真田丸
信繁の最初の妻・梅のお兄ちゃんです。
地侍という半分武士、半分農家の下級武士で、真田家に仕えています。


信繁の娘すえ 真田丸
梅が死んだ後は、信繁と梅の間に出来た娘・すえを育てている様子がドラマで描かれておりましたね。


「例の刀狩りで、もう二度と戦に出ることは無いと思っておったが、こんな日が来るとはのう・・・」堀田作兵衛 真田丸
「例の刀狩りで、もう二度と戦に出ることは無いと思っておったが、こんな日が来るとはのう・・・」

と作兵衛が言っているのは、豊臣秀吉が行った刀狩りのことでしょう。

【刀狩りの過去記事】
真田丸・第20回「前兆」(6)教科書でも有名な秀吉の刀狩りの狙い
真田丸・第一話「船出」(19)怖いのは武士より百姓だったりするというお話


与八 真田丸
刀狩りは百姓たちから武器を取り上げて、反乱を抑制するためのものでもありましたが、逆に言うと、戦争は武士がある程度専属でやるので、百姓は戦わなくてもいいという解釈も出来ます。
しかし、現実には再び戦争に巻き込まれました。
与八が不満に思っているのは、そのことでしょう。



関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク