真田丸・第36回「勝負」超高速関ヶ原【番外編】

いよいよ関ヶ原 真田丸
いやぁ、驚きましたねぇ。
ここまで煽っておいて、佐助の語りだけで終わらせるとは(汗)
次回のあらすじを公式サイトで見ると「大坂に立ち寄った信繁は、三成(山本耕史)と刑部(片岡愛之助)の最期について知ることになる。」とあるので、次回に多少は補填されるのでありましょうが・・・。
ネットでは「映画・超高速参勤交代2」が公開されることもあり、超高速・関ヶ原と揶揄されるありさま(笑)



本能寺の変 真田丸
ここまで、例えば本能寺の変のような歴史的大事件であっても、真田家が直接関わっていない事柄については、扱いが軽いのは真田丸と特徴です。
これは「あくまで真田家から見た歴史」であることにこだわった演出のようですね。


関ヶ原を報告する佐助 真田丸
実際、上田城にいた真田親子からすれば、関ヶ原の戦いといった歴史的大事件も、誰かの報告で聞いたことに過ぎなかったでしょうし、確かに真田家の立場からすると、今回の描き方で良かったのかもしれませんね。


「ついては天下の安寧を守るために貴殿のご同心、ご加勢を願いたくそうろう」石田三成 真田丸
ただ、石田三成や大谷吉継など、関ヶ原の戦いを描かないならば、それほど深く掘り下げる必要の無い人物がここまで重要人物として描かれた流れからすると、肩透かしであったのも事実でしょう。
また、歴史の流れを理解する上では、今回のような重大事件をサラリと流すやり方は非常にわかりにくい。
本能寺の変にせよ、天王山の戦いにせよ、「当然知ってますよね?」という描かれ方だと、このドラマで初めて戦国時代に触れる人にとっては理解しがたいでしょうね。


いよいよ関ヶ原 真田丸
少なくともこのPVには「いよいよ関ヶ原!!」の下に「描くとは言ってない」と付けておいて欲しかったものです(笑)


関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク