真田丸・第37回「信之」(10)小早川秀秋の本当の死因とは?襲ってきた三人の亡霊は誰だったのか?

寧に挨拶する信繁とそこに現れた小早川秀秋 真田丸
信繁が寧さんに挨拶していると現れたのが小早川秀秋。
「関ヶ原の戦いその三、戦いの経緯と石田三成の敗因」で書いたように、小早川秀秋は関ヶ原の戦いにおいて徳川家康に寝返り、石田三成の敗因を作っています。




引きこもりの子供のような小早川秀秋 真田丸
小早川秀秋は寧さんにとっては血の繋がった甥っ子です。
とはいえ、30万石の大名。
ドギマギしていて、まるで引きこもりの子供のようですね(笑)


「金吾様の裏切りが無ければ、石田治部は勝っておりました」片桐且元 真田丸
金吾様の裏切りが無ければ、石田治部は勝っておりました」

と悔しがる片桐且元。
金吾とは、小早川秀秋の官職です。

【金吾に関する過去記事】
真田丸・第33回「動乱」(2)久々に登場の板部岡江雪斎は、徳川家の密偵だったのか??


小早川秀秋の錯覚
この小早川秀秋が錯覚に見たのが・・・


「お逃げになられた!!」毛利勝永 真田丸
「お逃げになられた!!」

暗がりでよくわかりませんが、毛利勝永役の岡本健一さんのように見えます。
確か、ドラマではまだ未登場だったはず。
こんな初登場とは(笑)



明石全登 真田丸
逃げようとした小早川秀秋の退路を塞いだのは、秀秋が「明石!!」と驚いていることから、明石全登(てるずみ)でしょう。


明石全登 真田丸 ドラマではこれといった見どころはありませんでしたが、宇喜多秀家の家来で、ドラマでも時々宇喜多秀家に報告するシーンがありました。


宇喜多秀家 真田丸
そして最後に行く手を塞いだのは、宇喜多秀家。
この暑苦しい顔は流石に見間違いませんね(笑)


小早川秀秋の錯覚 真田丸
まるで亡霊のような三人ですが、これはあくまでも小早川秀秋の錯覚です。
なぜなら、三人とも生きているのですから!!(笑)


逃げる小早川秀秋 真田丸
ナレーション
「小早川秀秋は関ヶ原の合戦より2年後、自分のしたことの罪の重さにさいなまれ、21歳で謎の死を遂げる」

最後はこのナレーションでしめられていますが、これだとまるで亡霊に呪い殺されたような印象を受けますね(汗)
しかし繰り返しますが、3人はまだ死んでませんし、小早川秀秋より長生きしますので、呪い殺された説はありえません。
なお、最近の研究では、アルコール依存症による内臓疾患で死亡したというのが有力な説のようです。
※医者の記録が残っている。
ただ、関ヶ原の戦いのことを気に病んで酒に溺れたのでは、というのは想像が許される範囲でしょう。
だとしたら、小早川秀秋の裏切りで死んでいった人たちの呪いと言えるかもしれませんね。


関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ~。
この金吾様の見た幻に死んでいない武将を選んだのは、死んだ人間よりも、生きている人間の方が恐ろしい、と、解釈しました。
宇喜多様この時点でまだ行方不明でどこにいるか解りませんしね。いつ殺しに来るか解らないと思っているんじゃないですか。金吾様。

Re: No title

> こんにちわ~。
> この金吾様の見た幻に死んでいない武将を選んだのは、死んだ人間よりも、生きている人間の方が恐ろしい、と、解釈しました。
> 宇喜多様この時点でまだ行方不明でどこにいるか解りませんしね。いつ殺しに来るか解らないと思っているんじゃないですか。金吾様。

確かにドラマでは一言も亡霊とは言ってませんしね(汗)
ただ宇喜多秀家の顔を見ていると、私には亡霊にしか見えませんでした(笑)
スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク