真田丸・第41回「入城」(3)新キャラ、マイナー武将・石合十蔵を紹介

sanadamaru3260.jpg
石合新左衛門(いしあいしんざえもん)が嫡男(ちゃくなん)、十蔵(じゅうぞう)でございます」

どういう人選でこの人が演じる事になったのでしょうか(笑)
それはともかく・・・

【嫡男】
跡継ぎ


「そなたの父親は長窪の名主として実によく働いてくれおる」真田信之 真田丸
「そなたの父親は長窪の名主として実によく働いてくれおる」

石合家は長窪の名主の家柄。
名主は本来、政府に代わって年貢を徴収したり、田畑を管理する役人のことです。
ただし、戦国時代にもなると、そのあたりは曖昧でして、単に地主といった意味合いで使うこともあります。
石合家は今も残る名家ですが、歴史的に一番有名なエピソードとなると、今回の「幸村の娘すえと結婚した」ことになります。

【石合家外部リンク】
幸村の娘が長和町の石合家に嫁いだ!<新年号スペシャル> 長野県 長和町


石合十蔵とすえ 真田丸
長窪というのは真田家の本拠地・小県(ちいさがた)の中にある地名です。
石合十蔵の父・石合新左衛門も文献に名前が残っており、信之の家来にお金を貸したといったことが分かっています。
なお、長窪は明治に入ってから長久保と文字が変わっていますが、この当時は長窪だったので、信之のセリフも長窪と表記いたしております。

関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク