真田丸・第49回「前夜」(2)久々の黙れ小童!!(笑)意気消沈の室賀久太夫は、実は骨のある男だった??

室賀久太夫 真田丸
真田幸村に会うべく、密かに大阪城に向かう真田信幸は、室賀久太夫(むろがきゅうだゆう)と会うことになります。



「黙れ小童(こわっぱ)!!」室賀正武 真田丸
「黙れ小童(こわっぱ)!!」

室賀久太夫はドラマ内で「黙れ小童」の名台詞で一世を風靡した室賀正武(むろがまさたけ)の息子です。


室賀正武の最期 真田丸
室賀正武は、真田昌幸と敵対し、最後は暗殺されてしまいましたね。


室賀久太夫 真田丸
ドラマでは語られていないところではありますが、真田昌幸が室賀正武の裏切りを知ったのは、室賀家の一族で裏切り者がおり、その者が昌幸に通じていたからと言われています。
正武が死んだことで後を継いだ室賀久太夫は、この一族を討ち取り、父の仇を討っています。


「黙れ小童!!」真田信幸 真田丸
「黙れ小童!!」

ドラマでは、父の決め台詞を返されて、意気消沈してしまった室賀久太夫ですが、結構、骨のある一面があったのでした。



尾張徳川家臣・室賀久太夫 真田丸
以下、余談。
室賀久太夫はテロップで尾張徳川家臣となっていますが、これは尾張徳川という大名がいたわけではありません。
徳川家が天下人になったことで、各地に徳川家の一族が領地を持ったため、当時、徳川家という大名が乱立しています。
これを見分けるために、尾張の徳川家を尾張徳川と呼んでいるだけなのです。


徳川義直の陣 真田丸
ドラマでも、真田信幸と室賀久太夫が出会ったのは、徳川義直(よしなお)の陣となっています。
徳川義直は徳川家康の九男で、尾張の大名となっています。
この徳川義直が当時の尾張徳川の当主。
決して、尾張徳川義直ではないので、ご注意ください。



関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変ご無沙汰しております、あまぞんポチリの守でございます。
いよいよラストですね…これまで合戦が少ないとか、戦術説明がないとか、私も散々言っていましたが、毎週何かしらの笑いを入れてくる番組だったので一定のテンションがキープされてここまで来ました。最後を見終わった後に「その時歴史が動いた」の様な余韻があると良いな…と思います。

真田丸の記事の縁でこちらに何回かお邪魔させて頂きましたが、毎回判り易く説明して頂いているので、非常に参考になります。
書き込みしてはいないんですが良く拝見しているんですよ。

来年も一応戦国ものなのでまたお邪魔させて頂くかもしれません。是非またご教授頂ければと思います。では来週…。

お兄ちゃん「黙れ!小童!!」
児嶋「児嶋だよ!小童じゃなくて児嶋だよ!(w」

あの「ぐぐぐ…」顔はそう言いたかったに違いありません。(w

Re: No title

> 大変ご無沙汰しております、あまぞんポチリの守でございます。

ご無沙汰しております。
時々間違えたことを書いておしかりをいただきますが、なんとか最終回まで続けられそうです。
最近は仕事が忙しくて、なかなか記事を書けないのですが、最後まで見届けたいと思っています。


> 来年も一応戦国ものなのでまたお邪魔させて頂くかもしれません。是非またご教授頂ければと思います。では来週…。

ありがとうございます。
来年の大河も取り上げるのかは現在検討中です。
実際、このブログをやってみて気づいたことは、趣味の範囲を超えるほどに時間がかかるということです(汗)

> あの「ぐぐぐ…」顔はそう言いたかったに違いありません。(w

私も同じことを思っておりました(笑)

No title

いつも楽しみに拝読してまいりました。こちらで見て気になった歴史事項を、あらためて自分で調べてみたりしています。最近アップが少ないのはお忙しかったからなのですね。読む側にとっては楽しみな日々でしたが、やはり、ハイペース過ぎでしたね(笑)。よくぞこれだけ写真もキャプチャし、多くのトピックを設けて文章も書いてこられたな…と感嘆しきりです。時につっこみもいたしましたが、ご容赦を。今後も期待しております。

Re: No title

> いつも楽しみに拝読してまいりました。こちらで見て気になった歴史事項を、あらためて自分で調べてみたりしています。最近アップが少ないのはお忙しかったからなのですね。読む側にとっては楽しみな日々でしたが、やはり、ハイペース過ぎでしたね(笑)。よくぞこれだけ写真もキャプチャし、多くのトピックを設けて文章も書いてこられたな…と感嘆しきりです。時につっこみもいたしましたが、ご容赦を。今後も期待しております。

翌週の放送までに書かないと記事の新鮮味がないと思い、締切に追われる日々でした(笑)
直虎の方は、書くとしても、もっとペースを落としたいですね(汗)
mmさんを始め、いろいろと指摘をいただいたことは、非常に感謝しております。
間違えた情報を垂れ流すのは本意ではないですし、意外と思い込みで勘違いしていることもありますしね。
スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク