真田丸・その後(1)真田信之はある意味、真田幸村の分まで生きます(笑)

真田信之 真田丸
ここからは、真田丸に登場した人物のその後をぼちぼちと書いていきたいと思います。
まず最初は、もう一人の主人公とも言うべき真田信之。




sanadamaru3558.jpg
ドラマのあとがきに出ていたように、信之は松代藩の大名となります。


※大河ドラマ「新選組!」の佐久間象山
なお、文面にある佐久間象山は、真田丸と同じ脚本家・三谷幸喜氏脚本の大河ドラマ「新選組!」で石坂浩二さんが演じておられた役です。
あとがきでは「徳川幕府崩壊のきっかけを作る」となっていますが、どちらかと言うと幕府側の家来として立ち回った人生ですので、やや言い過ぎの感がなくもありません。
ただ、革新的な考え方の持ち主ですし、その影響を受けた若者たちが結果として幕府を倒すメンバーになった者もいたので、逆算すれば「崩壊のきっかけ」と言えなくもない・・・かな??
まあ、佐久間象山のことを語るのは、ここでの本旨ではないので、話を戻しましょう。
※あとがきに「遠い先の話」とありますが、200年近く先の話になります。


真田信之 真田丸
ドラマでも手が痺れたり痛んだりと病弱な印象の信之ですが、実は93歳まで生きます(笑)
現代人の平均寿命を超えており、現代の感覚でも長生きですが、平均寿命が50年程度だったと言われる当時の感覚だと、200歳近くまで生きた印象だったでしょうね(笑)



徳川秀忠 真田丸
徳川家康の跡を継いだ徳川秀忠に嫌われて、いろいろと意地悪されたといった描かれ方をすることもありますが、最近では、そういった話は作り話で、秀忠にも信頼されていたという説が有力なようです。
※NHK新大型時代劇「真田太平記」では、そういう描かれ方だったと記憶しています。


真田幸村と真田軍 真田丸
ただし、弟・真田幸村が敵の大将クラスとして働いたことは、やはり信之にとっては引っかかるところだったらしく、徳川家に疑われないように、他の大名以上に徳川家のために働いたとも言われます。
最期まで、幸村には迷惑をかけられた兄なのです。


小野お通 真田丸 余談ですが、お通とはその後も交流があったらしく、手紙のやり取りなどが会ったと言われています。




関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もよく間違えるんですけど、「真田太平記」は「大河ドラマ」ではなく「NHK新大型時代劇」ですね!

石田三成の書状を隠していた、家光に幸村の話をしていたみたいなエピソードを最後に期待していたのに……

Re: No title

> 私もよく間違えるんですけど、「真田太平記」は「大河ドラマ」ではなく「NHK新大型時代劇」ですね!

ご指摘ありがとうございます。
修正いたしました。

Re: タイトルなし

> 石田三成の書状を隠していた、家光に幸村の話をしていたみたいなエピソードを最後に期待していたのに……

晩年を描いても面白かったですよねぇ。

幕末の松代藩について

佐久間象山は佐幕派として砲術を教えていましたが、彼が暗殺されてからの松代藩は討幕派が勢力を増していましたし、実際戊辰戦争では薩長とともに砲撃戦を行なっています。かの有名な会津戦争でも大活躍しましたし、他の藩を上回る大砲を持っていたそうです。
結局のところ反骨精神が旺盛という遺伝子は残っていたのかもしれませんね。

Re: 幕末の松代藩について

> 佐久間象山は佐幕派として砲術を教えていましたが、彼が暗殺されてからの松代藩は討幕派が勢力を増していましたし、実際戊辰戦争では薩長とともに砲撃戦を行なっています。かの有名な会津戦争でも大活躍しましたし、他の藩を上回る大砲を持っていたそうです。
> 結局のところ反骨精神が旺盛という遺伝子は残っていたのかもしれませんね。

なるほど反骨精神と取れば納得ですね。
真田丸を見た人には、同じ三谷幸喜氏脚本の新選組!!も見てもらいたいなぁ。。
スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク