真田丸・その後(9)大野治房、ドラマのお騒がせキャラは、江戸時代になっても世間を騒がせていた

「出来の悪い弟を持ったものよ」大野治長と大野治房 真田丸
ドラマでは、兄・大野治長の足を引っ張るなどイマイチな大野治房(はるふさ)でしたが、史実では真田幸村などと並んで、主力武将として戦ったと言われています。





燃える大阪城 真田丸
ドラマではその最期がどうなったのか描かれていなかったですが、大阪城が燃えた後は逃げ落ちたと言われています。
※燃え盛る大阪城に飛び込んで焼身自殺したという説もある(汗)


堀を掘り起こそうとする大野治房 真田丸
ちなみに大阪の陣から30年以上経った1649年に大野治房の捜索が行われたという話もあります。
これが事実だとしたら、当時も大野治房がどこに逃げたのか掴めていなかったということになりますね。
※もっとも、大野治房自身が居たのではなく、彼の息子が潜伏しているということでの捜査だったとも。
いずれにせよ、人騒がせな大野治房なのでした(笑)



関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク