真田丸・その後(14)上杉景勝の家系は現代まで続く

伊達政宗 真田丸
「武士と生まれたからには、あのように生き、あのように死にたいものだ」

真田幸村最期の突撃にリスペクトしまくりの上杉景勝
ドラマでは口だけ番長のやや情けない役どころでしたが、その後はどうなったのでしょうか?






うなだれる上杉景勝 真田丸
その前に、軽く上杉景勝のこの時の状況を把握しておきましょう。
ドラマで描かれたとおり、上杉家は紆余曲折を経て豊臣秀吉の家来となり、会津120万石の大大名となります。
しかし関ヶ原の戦いで徳川家康に敵対したのが大失敗。
その罰として大幅に減俸され出羽米沢30万石となってしまいます。
この米沢の地は、表向き30万石とされていましたが、実質は50万石ほどの収入があったらしく、収入が単純に四分の一になったわけではありませんが、それでも半分以下になったことは間違いありません。
しかも、家来をほとんどリストラしなかったため、重大な経営危機にありました。


長宗我部盛親 真田丸
とはいえ、長宗我部家のようにお家を取り潰されたりはしなかったことはラッキーだったと言えるでしょうね。


上杉定勝
ドラマではまったく触れられていませんが、1604年には息子・上杉定勝が誕生しています。
上杉景勝が50歳手前の時の子ですから、今でも珍しい晩年に出来た子供ということになります。
真田丸・最終回の時点だと、息子・上杉定勝は12歳前後だったわけです。
大名としての上杉家は経営難でも、景勝個人としては年を取ってから出来た息子の誕生を喜んでいたかと思います。
ただし、妻は、産後の肥立ちが悪く亡くなってしまっています。


徳川秀忠 真田丸
徳川家とのその後の関係は良かったようで、徳川秀忠に招かれて酒や食事のもてなしを受けたという記録があります。


老衆・上杉景勝 真田丸
享年69歳。
1623年に死去とのことですから、最終回から7年ほど生きたことになりますね。
この後、大名家としての上杉家自体は幕末まで続くこととなります。



上杉邦憲氏
余談ながら宇宙工学者で宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部教授の上杉邦憲氏は、上杉景勝から数えて16代目の当主にあたられます。



上杉邦憲氏は映画にもなった惑星探査機はやぶさのプロジェクトとに従事された方です。
というわけで、領地を大幅に削減されたにも関わらず、質素倹約で乗り切った上杉家は、時代の荒波に揉まれながら生き残ったのでありました。

【上杉景勝関連の過去記事】
真田丸・第38回「昌幸」(4)上杉景勝がうなだれるワケとは??
真田丸・第31回「終焉」(3)老衆といっても、老人とは限りません。新体制・五大老・五奉行制度のメンバー紹介。
真田丸・第10回「妙手」(9) 上杉家との関係修復を命じられた真田信繁。その時の上杉家の状況とは?
真田丸・第八回「調略」(8) 越後で謀反に「人の心は分からぬ」と嘆く、上杉景勝。いやいや言わせないよ~
真田丸・第八回「調略」(2)毘沙門天と上杉家の強さ、上杉家vs北条家の血塗られた歴史とは
真田丸・第五回「窮地」(15)上杉景勝は笑ったことがない変人だった

関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク