真田丸・第四回「挑戦」(9)織田信長とのお目見えは一瞬。だけどこれはむしろ当たり前というお話。

上座ではない席に座りました 真田丸
しばらくして織田信忠が部屋に戻ってきて、上座ではない席に座りましたね。
織田家当主の織田信忠が上座を譲らないといけない相手は、この世に一人しかいないでしょう。




ブーツで登場のこの方 真田丸
ブーツで登場のこの方。
もちろん、織田信長です。西洋のものが好きだった信長は、西洋のファッションを身に着けたたこともあったようです。


「良き面構えじゃ」織田信長
「良き面構えじゃ」

と、短すぎるお言葉(笑)
実際の信長も、短く話すことが多かったとか。
家来が長々と説明しても「デ、アルカ」としか返さなかったこともあったそうです。


帰っちゃいましたね(笑) 真田丸
帰っちゃいましたね(笑)


「おめでとうござる」徳川家康
「おめでとうござる」

どうやら、セーフだったようですね。


【うんちく解説】
大名と会うことは「お目見え」と言いまして、顔を合わせ、顔を知ってもらうこと自体が目的でしたので、実際の会見の場であれこれ話すことは少なかったと言われています。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク