真田丸・第五回「窮地」(4)徳川家康は本能寺の変の引き金だった?徳川家康が逃げる理由

今後の方針を打ち合わせる徳川一行 真田丸
今後の方針を打ち合わせる徳川一行


「なんと!!」徳川家康 真田丸
「なんと!!」

織田信長が既に「討たれたとの噂も」と聞いて驚く徳川家康。


本能寺の変 真田丸
本能寺で織田信長は死にましたが、結局最後まで信長の死体は見つかっていません。
このため、織田信長がうまく逃げたのではないかという噂もあり、情報は錯綜していました。



後の世でも、実は織田信長が生きていたという話が出たりしました。
画像は、本宮ひろ志夢幻の如くという「本能寺の変で織田信長が生き残った」という設定の漫画です。
それほどですから、本能寺の変が起こってすぐの当時は、織田信長が本当に生きているのか死んでいるのかは、よくわからなったはずです。


「それがしが明智なら、時をおかずに手近な織田方に攻めかかりましょう」穴山梅雪 真田丸
「それがしが明智なら、時をおかずに手近な織田方に攻めかかりましょう」

と狼狽する穴山梅雪。
ちゃっかり旅行に同行していました(笑)


爪を噛む徳川家康 真田丸
徳川家康は織田家の家来ではありませんが、20年来の同盟国で、実質家来同様に織田信長に尽くしてきた人です。


輿に酔う徳川家康(笑) 真田丸
そもそも堺に居たことも、武田家を滅ぼした戦勝祝いも兼ねた慰労のためでして、そういう意味でも明智光秀からすると「手近な織田方」に間違いなく含まれるでしょう。


些細な不始末を織田信長に責められた 真田丸
ドラマでは描かれていませんが、本能寺の変の原因の一つとして、この家康の慰労に対する接待役を明智光秀は命じられ、そこで些細な不始末を織田信長に責められたことであるという説もあります。


明智光秀はドMたった 真田丸
いずれにしても、徳川家康にとって、友好的な対応を期待できる相手では無さそうですよね。
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク