真田丸・第五回「窮地」(13)戦国の古狸・真田昌幸のもみ消し成功

真田昌幸が国衆たちを集めて会合 真田丸
小県(ちいさがた)では、真田昌幸が国衆たちを集めて会合を開いています



「これを見よ・・」真田昌幸 真田丸
「これを見よ・・」

と明智光秀からの密書を回覧する真田昌幸。
この密書が真田昌幸に来たことこそが、小県の総代が自分である証拠だと主張してますね。


明智光秀自身からの使い 真田丸
本当は国衆全員に手紙が来ていて、それを揉み消しただけですけど(笑)


「真田の名は、既に天下に轟いておる」真田昌幸 真田丸
「真田の名は、既に天下に轟いておる」

とうそぶく真田昌幸。


文句の多い室賀正武も黙らざる得ない 真田丸
これには文句の多い室賀正武も黙らざる得ないですね(笑)





「我等は上杉につく」真田昌幸 真田丸
「我等は上杉につく」

と宣言する真田昌幸。


武田家滅亡寸前の地図
上杉家は真田家と領地を接する大名ですから、織田家が頼りにならない今、もっとも常識的な判断ではあります。


「上杉の力を借りて、小県から織田勢を追い払う」真田昌幸 真田丸
「上杉の力を借りて、小県から織田勢を追い払う」

と、既に弟・信尹(のぶただ)を使者に出しているとのこと。
だとしたら、そもそもこの会合は何のためにやっているのでしょうか(笑)
関連記事

テーマ : 真田丸
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク01
カテゴリ
プロフィール

うんちく仙人

Author:うんちく仙人
このサイトでは、歴史に興味が無い方でも、歴史ドラマをドラマとして楽しめるように手助けする趣旨で書いております。
特にドラマは好きだけど、歴史はあんまりわかんないという女性の一助になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク02
RSSリンクの表示
リンク